あらゆるサイトを利用して、転職活動をスムーズに行おう

能力が求められる

税理士の転職市場について 

 税理士の転職市場は今も昔も基本的には変わりません。やはり税を扱うスペシャリストはどこの企業でも重宝されるので、基本的に売り手市場です。そのため、大手企業・中堅企業もしくは個人会計事務所など、さまざまな企業が積極的に採用活動をしています。近年は株式公開、M&A、外資系企業の日本参入など、税の問題で複雑な問題が生じています。そのため、企業規模や業界業種を問わず税理士のニーズは常に高いのです。そうした中で、これまでは実務経験や専門知識などを有した人であれば、高い確率で採用されていました。存在自体が希少なので、企業も他の企業に取られないように早めに手を打って採用したいというのが本音です。そのため、税理士経験のある転職者は非常に有利です。

税理士に求めるスキルについて 

 税理士採用に力を入れている企業は、転職者にどのような能力をお求めているのでしょうか。これまでは税務知識や、企業によっては、会計知識などの専門知識を重視した採用活動が行われてきました。しかし、近年はこれとは少し様相が異なります。それというのも、やはり税理士といえども、ビジネスパーソンなので、交渉力を求める傾向があります。会社の将来を考えてどうすれば会社がよくなるか、そうした目的に向かって自発的に提案する力が求められているのです。つまり、現状維持ではなく現状をもっとより良く改善するために交渉・行動できる人が求められているのです。もちろん、税に関する知識は必須です。しかし、それだけでは転職が必ず成功するとはいえない状況になっています。